2010年04月28日

鳩山G会長の大畠氏「冷静に受け止め、対処するしか…」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京第五検察審査会が27日、小沢氏に「起訴相当」を議決したことについて、同党鳩山グループ会長の大畠章宏衆院議員は同日、国会内で、「事実は事実として冷静に受け止め、そしてまた冷静に対処するしか…」と述べた。小沢氏の進退論につながるかどうかの質問には「いやあ…いろいろみんなでよく考えるということが重要じゃないですか。それだけですね」と語るだけだった。

【関連記事】
民主「7奉行」の1人、小沢氏起訴相当は「予想通りの結果」
「検察もがんばっちゃったねえ」石川被告は電話で談笑
渡部恒三氏「民の声は天の声」 小沢氏「起訴相当」に苦言
グループ議員からも危機感「小沢幹事長の進退論のきっかけになる」
「適切に対処したい」東京地検次席 小沢氏起訴相当
「裸の王様」次に座るのは…

仕分け第2弾スタート=独法の無駄精査(時事通信)
省エネ交通システム試験公開=高低差を利用−東大生産技研(時事通信)
シルク博物館でペルシャ絨毯展、イラン国外で初展示品も(産経新聞)
復元大極殿が完成=平城遷都1300年−式典に皇太子さま・奈良(時事通信)
<みんなの党>名古屋リコール署名集め支援へ 渡辺代表(毎日新聞)
posted by タカマツ ジョウジ at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。