2010年04月13日

沖縄密約「全面開示」 どよめく原告 「一種の革命」(産経新聞)

 全面開示を命じた主文言い渡しの瞬間、東京地裁103号法廷に詰めかけた原告や支援者の間からはどよめきとともに、「よしっ」という声が上がった。閉廷時には法廷全体から喜びの拍手が巻き起こった。

 原告の一人で元毎日新聞記者の西山太吉氏(78)は判決後、東京・日比谷公園内の「松本楼」で会見し、「一種の革命が起こった。(判決をきっかけに)情報開示が進展していけば」と評価した。その上で、「訴訟は政権交代前から始まっていたが、政権交代前後で国側の主張は全く変わった。日米同盟のあり方に問題を投げかけるものだ」と述べた。原告共同代表で立正大講師の桂敬一氏は「完全勝訴だ。(情報公開の)壁をぶち破った。判決がどこまで踏み込むか注目したが、国民の知る権利が侵害されていると指摘したことは大きい」と語った。

【関連記事】
外交公開で国に課題、「国益」の視点不可欠 沖縄密約「全面開示」
日米密約文書の開示命じる 国側敗訴 東京地裁
沖縄密約について考える糸口に 32年前のテレビ映画が劇場公開
外務省、密約文書紛失で調査チーム
東アジア共同体構想を提唱 普天間問題踏み込まず 平成22年版外交青書
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「葉っぱはキャベツ、根は大根?」 キャベコン展示に人気(産経新聞)
林業再生へ鳩山首相が意欲=菅原文太氏ら招き意見交換(時事通信)
ほど遠い「まごころ奉仕」経営 ペット死骸放棄に顧客、住民は動揺(産経新聞)
野口さん、物資コンテナ入室へ=山崎さんが搬送責任者(時事通信)
理容店に大型トラック突っ込み、4人死傷(読売新聞)
posted by タカマツ ジョウジ at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

「龍馬」ブーム異常盛り上がり SB孫社長だけでない「入れ込み」(J-CASTニュース)

 異常なほどの「龍馬ブーム」が巻き起こっている。NHK大河ドラマ「龍馬伝」の視聴率も毎回20%超と好調だ。2009年12月24日にTwitterのアカウント(@masason)を開設し、つぶやきはじめたソフトバンクの孫正義社長も、「龍馬伝」に大興奮のようすを伝えている。さらに、全国各地に関連の「記念館」がお目見えするなど、いま日本中が龍馬にあやかろうと懸命だ。

 孫社長は「日曜日が待ち遠しい」とつぶやき、毎週NHKの「龍馬伝」を楽しみにしている。初回(2010年1月3日)の番組開始10分で「涙が出た」と、激しい入れ込みよう。

■「最も尊敬する日本人」と孫社長

 坂本龍馬は、孫社長の「最も尊敬する日本人」(広報室)だ。「お父さん犬」が登場する、人気のソフトバンクモバイルのテレビCMで、高知・桂浜で武田鉄矢さんが扮する龍馬の姿が描かれるあたりにも社長の「龍馬好き」が垣間見られる。

 実際、ソフトバンクの黄色の2本線のシンボルマークは海援隊の旗印をモデルにしているという。09年4月の入社式では龍馬の生き方を「一度しかない人生の中で、人のために何ができるか、を真剣に考え貫いた日本人」と紹介し、「わが社もそうありたい」と訴えた。

 ソフトバンクのCMに登場した武田鉄矢さんも、芸能界では龍馬を敬愛する一人。高校時代に「竜馬がゆく」(司馬遼太郎著)を読んでからの大ファンで、バンド名が「海援隊」なのはあまりに有名だ。

 著書に「龍馬はなぜあんなにモテたのか」(KKベストブック)がある、「歴女」アイドルの美甘子さんが小学生のときにハマッたのも龍馬。NHKが放映していた「お〜い!竜馬」がきっかけで、身分が低く、「泣き虫」だった子がやがて大事を成し遂げていく姿にあこがれた。

■不況の時代に「龍馬病」患者が増える

 いまや日本中が龍馬にあやかろうと懸命。経済も政治も、神頼みならぬ、龍馬頼みだ。地元の高知県や龍馬最期の地である京都府はもちろん、亀山社中を置いた長崎県や海援隊の船が沈んだという広島県福山市、龍馬と妻のお龍が日本最初の新婚旅行に出かけた鹿児島県霧島市、幕府軍終焉の地で、龍馬が開拓をめざしたとされる北海道函館市にも「龍馬記念館」がオープンした。

 自らが「坂本龍馬」になりたいと言って自民党を離党した鳩山邦夫衆院議員は、政治スタンスの違う舛添要一・前厚生労働相と与謝野馨・前財務相を「薩長」にたとえ、両者を結びつける接着剤の役割を買って出た。倒幕(民主党を倒す)のため、「薩長」連合成立(新党立ち上げ)に向けて「捨石になる」といい、まるで「平成の龍馬」気取りだ。

 そんな中で、龍馬ブームを冷静にみている人もいる。ペーパーカンパニー&キナックスホールディングスの中村修治社長は、自社のサイトで「(龍馬ブームは)高学歴で、自称『実力を発揮できていない』人たちの良い逃げ道になっている気がする」と記している。「リーダーになれない、リーダーとして望まれない。その裏返しとしての『龍馬病』。だから、不況の時代に(企業の)業績が悪くなるほど、そこそこできる奴たちは『龍馬病』を患う」と指摘する。


■関連記事
NHK大河ドラマで大盛り上がり 龍馬関連商品やイベント続々 : 2010/01/18
「妥協知らず」鳩山総務相 一体どんな人物なのか : 2009/06/11
世界初、「分離・合体」可能なケータイ!?  : 2010/03/29
「脱ケータイ」は正しい社会人への第一歩 : 2010/03/26

北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か−福岡県警(時事通信)
「二十四の瞳映画村」に12匹のこいのぼり(産経新聞)
<脂肪燃焼ホルモン>運動と同様の効果 東大チームが検証(毎日新聞)
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ(医療介護CBニュース)
宝塚音楽学校 40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)
posted by タカマツ ジョウジ at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。